「脳×元気®」プログラム いきいきクラス

coursehead04

ikiki10「脳×元気®」プログラム いきいきクラス

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症

2015年1月に厚生労働省が発表した報告によると、団塊の世代が75歳以上になる10年後の2025年には、65歳以上の認知症高齢者が現在の462万人から700万人になると推計されています。
65歳以上の5人に1人が認知症に当たり、認知症は大きな社会問題となっています。

厚生労働省が推進する認知症予防

厚生労働省の「認知症予防・支援マニュアル」では、「有酸素運動」「知的活動」「対人的接触」を主体とした予防活動が推奨されています。この考え方に基づいた下記の4つのプログラムが、東京都の世田谷区や豊島区などの全国の自治体で導入され、予防効果が実証されています。日常生活に役立つ事を習得しながら、予防効果が期待できるさらなる取り組みとして「脳×元気®」プログラムが開発されました。

ikiki01

脳元気プログラム 生活に役立つ事を学習しながら脳を鍛えるパソコン教室向け「脳×元気®」プログラム誕生!!

本プログラムの特長は、パソコンやタブレットなどをグループレッスン形式で学習していきます。学習した内容を日常生活に役立てながら、認知症になる前に衰える認知機能を鍛え、認知症になりにくい生活習慣を身につける事を目的としています。

ikiki02

「脳×元気®」プログラムを導入した「いきいきクラス」の特長

地域型認知症予防プログラムの開発者による監修協力

ikiki04東京大学 高齢社会総合研究機構 特任研究員 矢冨 直美 先生

地域型認知症予防プログラムの主たる開発者であり、厚労省の認知症予防・支援マニュアルの中心的執筆者。「脳×元気®」プログラムにおいてはプログラムの設計開発を監修。

研究機関との連携「脳×元気®」プログラムの効果を実証

ikiki03東海大学 情報理工学部コンピュータ応用工学科 教授 浅川 毅 先生

早期認知症の発見を目的とした診断支援システムなど、胃光学分野での研究実績多数。浅川先生の指導のもと、2014年5月開催の「第8回ITヘルスケア学会年次学術大会」では「脳×元気®」プログラムの効果を実証した論文を発表。

中高年専門のオリジナルテキスト

ikiki05大きな文字のフルカラーテキストで、操作手順が分かりやすく解説されています。
中高年専門パソコン教室の下根きインストラクターが開発。地域型認知症予防プログラムの開発者である矢冨先生による監修協力のもと、認知症予防に特化した課題を収録。

いきいきクラスカリキュラム

暮らしに役立つiPadの便利な活用法を学習しながら、「認知症になる前に低下する3つの機能」を鍛えましょう。

入門コース

入門コース(4か月)では、iPadの基本的な操作や生活に便利なインターネットの使い方を学びます。
ikiki07

基礎コース

基礎コース(6か月)では、これまでの復習とメールやテレビ電話、アプリなどの学習をします。さらにクラスメイトと「旅行の計画」を立てることでiPadの活用の幅を広げていきます。
ikiki08